カメラ散歩の楽しみとドライブの良さがある。

写真撮影が大好きで、特に植物や花、神社仏閣などの風景写真の撮影を楽しんでいます。カメラに凝っている人の中には、機材に凝っている人もおられ、綺麗な写真はものにできても、費用が掛かってしまいます。

そんな機材に高額な費用を掛けるのではなく、私の場合はデジタル1眼レフカメラのダブルズームレンズがキットになった初級モデルを購入して楽しんでいます。

神社仏閣の撮影が好きですが、毎日のように京都や奈良に出かける事もできず、そこで健康と写真撮影を楽しむ事を両立できる方法としてカメラ散歩を日課としています。

標準から200mmの望遠までのズームレンズを付けたカメラを肩にして、毎日1時間ほど自宅からあちこちに散歩し、住宅の庭で咲いている花などの撮影をしています。

他人の家にカメラを向けるのはやはり気が引けるので、庭の花を撮影しているとはっきりわかる所のみで撮影するように気を付けています。

このカメラ散歩を始めるまでは、都会の下町などに季節を感じる風景などはないと思っていましたが、注意深く観察して歩き回ると、都会にも様々な花が四季折々に咲いていて、結構季節感もあるものだと気付く事ができました。

さらに単なる散歩では1時間も歩き回る事は大変ですが、カメラを持って、何か撮影するものがないかと周囲を見渡しながら歩くと結構苦痛なく歩けるのです。

定年退職後、家にこもりがちになるのが、このカメラ散歩を始めた事で防げ、晴天の日には欠かさず楽しむ事が可能です。

現役時代には気にもしていなかった街の変化に驚かされる事もしばしばです。古い家が取り壊されたと思っていると、そこに建売住宅やアパートが建ったり、街が時々刻々と変化している事にも気付かされます。洒落たカフェなどができていると、思わず入ってコーヒーを頂いて一休みです。

こんなカメラ散歩の楽しみ方は年配者の写真の楽しみ方としてお勧めです。

また車を運転しながら景色を作品にしていくのも満足度が非常に高いです。

でも今年には廃車の手続きをするのでこういったサイトを非常に参考にしています。

廃車をするなら早めの対策をするべきだと思いますね。

車の良さは購入するときもやけど、車を廃車するなら手間をかけてじっくり損をしたくないと思いますけどね。